配当金を最大限受け取る方法とは

配当金を最大限受け取る方法とは

アルファロックでは、残念ながら受け取れる配当金に上限があります。

ただせっかく投資するのであれば、なるべく多くの配当金が欲しいですよね?

というわけで、なるべく多くの配当金を受け取れる方法をお伝えします!

運用資金を大きくする

配当金の上限は、運用資金によって変動します。

画像⑧

例えば運用資金が10000ドルの場合、配当金の上限はその5倍にあたる50000ドルまでとなります。

また運用資金が250000ドル以降は、配当金の上限が7倍までアップするので、累計で受け取れる配当金は、大きく増額します。

しかし250000ドルは、日本円で約2500万円ほどの大金です。

いきなり、そんな大金は準備できないよ…という方がほとんどだと思いますので、次の方法を試してみてください。

配当金は複利で運用

アルファロックの配当金は、自動で複利運用されるアクセレレイト・ウォレットに積み重なっていきます。

そのため極力出金せずに、複利運用を継続していくことを推奨します。

なぜなら複利運用の影響は大きく、配当金がさらなる配当金を生み出すからです。

では複利効果の一例をお見せしましょう!

例えばあなたが、運用開始できる最小口数1000ドル(約10万円)を出資した場合、運用推移は以下のようになります。

画像⑨

縦軸は運用資金の伸びを表しており、単位はドルになります。

また横軸は運用期間を表しており、単位は日です。

1日あたりに受け取る配当金は、先ほど示した上表を基準にしており、複利運用させるために、配当金の積立が1000ドル増加するたびに、口数を増やす想定です。

グラフからは、約1000日の運用で1000→18000ドル(18倍)の収益の伸びが読み取れますね!

つまり複利の力を使えば、自ら入金しなくとも勝手に資金が増えていくのです!

そう考えれば、最高ランク帯である250000ドル以降も、時間をかければ手がとどく範囲だということがわかりますね。

運用結果は18倍を示しているので、初期投資として14000ドル(約140万円)から始めれば、約1000日後には252000ドルになっている計算です。

運用資金が250000ドルを越えれば、1日あたりの配当金は0.7%になるため、受け取れる金額は1750ドル(約17.5万円)になります。

その上受け取れる上限は、運用資金の7倍である1750000ドル(1.7億)にまで拡張されているので、概ね満足できる金額を受け取ることができるのではないでしょうか。

TOPページを見る